遺言対策、相続対策、生前贈与、遺産分割、成年後見、相続の基礎、相続手続き、事業承継、相続放棄に関するお問い合わせは「相続遺言サポートセンター東京」へ!

任意後見財産信託

相続を円満に進めるための準備として、遺言と併用したり、
遺言の他に用いられるのが信託です。
信託には倒産隔離機能があり、
信託会社が万一倒産しても、財産は適切に守られます。

当センターでは、信託会社と連携をしながら、
より安心な資産の保全方法として、以下のご提案をしています。


任意後見財産信託

任意後見財産信託は、任意後見契約や、財産管理委任契約、
死後事務委任契約の期間を包括して信託管理するものです。

【概念図】


通常の信託のメリットに加え、任意後見人と信託会社で強固に
管理でき、任意後見契約前後の空白期間を補完することも可能です。

また、例えば最終的な残余財産を相続する人がいない場合、
信託しなければ国庫に帰属するところを、
信託すれば遠縁の親族やお世話になった人など、
任意に帰属させることが可能になります。

他にも後見人が指図した内容が信託目的として不適切な場合、
信託会社は指図に応じないことが可能であり、
横領などを牽制することにも有効です。