遺言対策、相続対策、生前贈与、遺産分割、成年後見、相続の基礎、相続手続き、事業承継、相続放棄に関するお問い合わせは「相続遺言サポートセンター東京」へ!

特定贈与信託

相続を円満に進めるための準備として、遺言と併用したり、
遺言の他に用いられるのが信託です。
信託には倒産隔離機能があり、
信託会社が万一倒産しても、財産は適切に守られます。

当センターでは、信託会社と連携をしながら、
より安心な資産の保全方法として、以下のご提案をしています。


特定贈与信託

特定贈与信託は、特別障害者の親族の方などが金銭を信託し、
信託会社から予め指定された方法で定期的に金銭を交付する
スキームです。

【概念図】


メリットとしては、

1)一定の要件に基づいて信託契約を結ぶと、6,000万円まで
 贈与税が課せられませんので、信託された金額分、相続財産が
 減少し、相続税が節約されます。

2)特別障害者の方がご自身で所有権を持った場合に懸念される
 財産の浪費、他人による流用・悪用などを防止できます。

3)現金や預金通帳の盗難など、毀損の心配がある財産は、
 信託会社が受託者として、安全に管理します。

の3点が挙げられます。