遺言対策、相続対策、生前贈与、遺産分割、成年後見、相続の基礎、相続手続き、事業承継、相続放棄に関するお問い合わせは「相続遺言サポートセンター東京」へ!

遺言代用信託

相続を円満に進めるための準備として、遺言と併用したり、
遺言の他に用いられるのが信託です。
信託には倒産隔離機能があり、
信託会社が万一倒産しても、財産は適切に守られます。

当センターでは、信託会社と連携をしながら、
より安心な資産の保全方法として、以下のご提案をしています。

遺言代用信託

遺言代用信託というのは、資産を譲る側(委託者)が財産を信託する際に
生前はご本人が、
死後は指定した受益者を、
指定するものです。

【概念図】


遺留分減殺請求は排除できないものの、
不動産の元本と収益の受益権を分離することが可能です。
これは相続税の計算上、元本を分割して相続したものとみなされ、
公平に財産の分配を行い、余計なトラブルを防止することに繋がります。