遺言対策、相続対策、生前贈与、遺産分割、成年後見、相続の基礎、相続手続き、事業承継、相続放棄に関するお問い合わせは「相続遺言サポートセンター東京」へ!

相続放棄に関するQ&A


父が亡くなりました。車のローンなどの借金をかかえているのですが、
  支払う必要はあるのでしょうか?





相続ではプラスの財産(預貯金や不動産など)だけでなく、
  マイナスの財産(借金、ローンなど)も引き継ぎます。
  あまりに借金が高額なため、支払うのが困難の場合、
  相続放棄の手続きをとることができます。

  相続開始を知ってから3か月以内に、被相続人の住所地の家庭裁判所に
  相続放棄の申述をする必要があります。
  必ず家庭裁判所に申述する必要があり、
  遺産分割協議書に「相続人山田花子は相続を放棄する」と書いたり、
  相続人が自分で相続放棄証書を作成して実印を押しても
  効力を生じませんからご注意ください。

  しかし、相続放棄をしてもその人が相続を引き継ぐことがなくなっただけで、
  他の相続人に残された借金が引き継がれます。
  第一順位の子、第二順位の親(尊属)、
  第三順位の兄弟(配偶者は常に同順位)の全員が
  相続放棄をして初めて「相続人がいない」という状態になり、
  かなり労力のいることになります。
  相続財産をの総額を十分に考慮の上、ご検討ください。



相続放棄をしようか検討中で、財産を調べるのに時間がかかっています。
  3カ月熟慮期間内に申し立てができないのですが、どうしたらよいでしょうか?




相続開始を知ってから3カ月以内に相続放棄の申し立てをしなければ、
  自動的に「単純承認」となり、財産(預貯金、負債等)を承継してしまいます。 

  相続を承認するか、放棄するか決めかねている
  (例:財産調査が時間がかかっている)ような合理的な理由があれば、
  「期間伸長の申し立て」をすることができます。

  申立書類を作成し、家庭裁判所に申請下さい。



「マイナスの財産がある」以外にも、相続放棄をできる理由はありますか?


相続放棄とは、家庭裁判所への申述で「初めから相続人でなかったことになる」
  意思表示です。借金から逃れるためだけでなく、様々な理由が認められます。

  以下に例をあげておきます。ご参考下さい。

  1、生活が安定しているので、必要ない。
  2、他の相続人に遺産を継がせたい。
  3、すでに被相続人から生前に贈与を受けている。
  4、他の相続人と関わりたくない。

お問合せはこちらから

相続の年間相談件数200件超!豊富な経験であなたの安心を守ります。

ご相談やお問合せはこちらからどうぞ 東京03-5472-7286 大阪06-6940-6061