遺言対策、相続対策、生前贈与、遺産分割、成年後見、相続の基礎、相続手続き、事業承継、相続放棄に関するお問い合わせは「相続遺言サポートセンター東京」へ!

遺言に関するよくある質問


入院していて外出できないのですが、
  公正証書遺言を書くことはできないでしょうか?




、遺言者が病気等で公証役場に来られない場合は、
  公証人が自宅あるいは入院先等に出張して、遺言を作成することができます。

  しかし、その場合は通常よりも手数料が5割増しとなり、
  別途日当も必要となります。



遺言を残しておいたほうがいい人は、どのような場合でしょうか?



、事前にトラブルが予想される場合には、遺言作成をお勧めします。 
  以下に特に必要性の高いケースをあげます。参考にして下さい。

1.夫婦の間に子供がいない場合
2.再婚し、先妻の子と後妻がいる場合
3.長男の嫁に財産を分けてやりたいとき
4.内縁の妻がいる場合
5.個人で事業を経営したり、農業をしている場合
6.各相続人ごとに承継したい財産を指定したいとき
7.相続人が全くいないとき



お問合せはこちらから

相続の年間相談件数200件超!豊富な経験であなたの安心を守ります。

ご相談やお問合せはこちらからどうぞ 東京03-5472-7286 大阪06-6940-6061