遺言対策、相続対策、生前贈与、遺産分割、成年後見、相続の基礎、相続手続き、事業承継、相続放棄に関するお問い合わせは「相続遺言サポートセンター東京」へ!

限定承認とは


限定承認とは、被相続人の残した財産において、プラスの財産とマイナスの
財産があった場合に、プラスの財産の限度においてマイナスの財産も相続し、
それ以上のマイナスの財産を相続しない方法です。


限定承認にも、いくつか条件があります。

ひとつは、相続人が相続開始を知った日から3ヶ月以内に、家庭裁判所に
限定承認の申立をしなければならないことです。
この際に、相続人が複数名いる場合、相続人全員が一致する必要があります。

もしも、3ヶ月を超えてしまった場合は、原則としてプラスの財産も、マイナスの
財産もすべて相続する「単純承認」をしたとみなされます。

限定承認の申立てのサポートも行っております。まずは、お問合せください。
また、3ヶ月過ぎてしまった場合、条件によっては相続放棄できる場合があります

この場合も、まずはお気軽に相談ください。
お問合せはこちらから

相続の年間相談件数200件超!豊富な経験であなたの安心を守ります。

ご相談やお問合せはこちらからどうぞ 東京03-5472-7286 大阪06-6940-6061