遺言対策、相続対策、生前贈与、遺産分割、成年後見、相続の基礎、相続手続き、事業承継、相続放棄に関するお問い合わせは「相続遺言サポートセンター東京」へ!

みなし相続財産とは


みなし相続財産とは、被相続人の財産でないにも関わらず、
相続財産として相続税の課税の対象となる財産があります。

これを「みなし相続財産」といいます。 


具体的には、以下の4つとなります。


・被相続人が死亡する前の3年間で贈与された財産
・生命保険金
・死亡退職金
・弔慰金 これらをひとつずつ見ていきましょう。 





「被相続人が死亡する前の3年間で贈与された財産」


これは、被相続人が相続税を免れることを目的として、死亡する直前に
相続人に財産を贈与することを防止した規定になります。


このため、「被相続人が死亡する3年以内に贈与された財産」は、
相続財産(みなし相続財産)として扱われ、相続税の課税の対象になります。



 

生命保険金


「被相続人が受取人である場合の保険金」
は、被相続人の財産に
なりますので、当然通常の相続財産になります。


しかし、相続人が掛けていた保険の受取人が、相続人になっている場合、
相続財産にはなりません。


また、「被相続人が掛けていて保険の受取人が相続人(被相続人以外)
の場合」には、相続財産にはなりません。

これらは、みなし相続財産として扱われ、相続税の課税の対象になります。
 
死亡退職金


「被相続人が受取人である場合の死亡退職金」
は、被相続人の財産に
なりますので、当然通常の相続財産になります。


なお、受取人が誰であっても被相続人の死亡退職金は、みなし相続財産
として扱われ、相続税の課税対象になります。




 
弔慰金


もともと弔慰金は非課税なのですが、非課税であることを利用して
多額の弔慰金、葬儀料などが相続人に支払われた場合などの行為を
防止するため、相続財産(みなし相続財産)として扱われ、相続税の
課税対象となっています。 



以上の4つが、みなし相続財産となります。


 相続人調査と財産調査
 ◆
相続人調査と法定相続
 ◆相続財産とは
 ◆みなし財産とは
お問合せはこちらから

相続の年間相談件数200件超!豊富な経験であなたの安心を守ります。

ご相談やお問合せはこちらからどうぞ 東京03-5472-7286 大阪06-6940-6061